楽観的に構想+悲観的に計画+楽観的に実行

こんばんわ。

二階堂です。

今日はちょっと真面目な話、

そして今後この会社にとって大事なのではないかなと思っていることを私なりに!!笑

書いていきます。

あたりめえだ!なにいってんでい!!!!って思ってる内容かもしれませんが、

どうか見守ってよんでください。笑笑笑

 

さてタイトル名、きいたことがあるのではないしょうか。

楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する。

 

将来こうしていきたい、次はこんなことをしてみたいと思うことはとても大切。

しかし次の段階で、

現実的な仕事に落とし込むことがこれまた難しく、大変なのです。

計画の段階では、悲観的に計画・プランをしっかりと考ることが大事。

そしてその段階でしっかり計画をねっておけば

どんな時でもどんとこい!準備はできている!という自信がもてるということなのです。

 

例えば、

どこか夏休み国内におでかけにいくとしましょう。

日帰りか一泊ぐらいとかを想像してみてください。

東京拠点とし、

そうですね。

夏ですし、南伊豆とかに行こうとでもなったとしましょうか。笑

 

楽観的に構想

→旅行行こう!、よし、南伊豆だ!

 

悲観的に計画

→さてここで宿泊先を確認。

どこがいきやすいかな。サービスいいかな。

宿泊先以外にもどこか遊びにいくには近いかな、どこにあるかな。

宿泊先の食事は?お風呂は大浴場?客室露天?

車で行くなら、混んでないかな、この時期。

行く道でイベントとかお祭りやってたら道が渋滞するから、時間ずらさそうかな。

山道多いから、交通事故気をつけなきゃな。

渋滞の時の抜けみち念の為調べておこうかな

 

楽観的に実行する

→あとは荷物まとめてさあ出発ー\(^o^)/

 

これはあくまで遊びですが

仕事でも使えるのかなと思ってます。

 

例えば社長が

これをやろう!

っといったとします。

 

しかし進める上で

リスクを、考えて社員が

こういう場合はどうするか?

こういう場合は?

と、

どんどん違う方面からリスクを伝え

そういう時はどういうふうに解決するか

念入りにたてておくことがとても大切。

 

だから実行する時に、

自信をもって実行へうつせるのではないでしょうか。

 

いきあたりばったりは結構危ないですね。

 

悲観的に計画してるときは結構時間がかかるもの。

だからこそ、その時間も考えて実行までのスケジュールをたてなくてはいけないのです。

とても大変ですけど

実行する時は、今まで準備ちゃんとしてきたし、何も心配することは無い!

と思うようになるのかと!!!

 

ビジョン構想力ってとてもむずかしい。。。